事故の巻。(2) | ぼんやり葉の茶 日記

ぼちぼちと更新しております。。

ぼんやり葉の茶 日記

♀×♀カップル。
奇跡的な彼女との出会いを綴ったものです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 事故の巻。(1) | main | 生きてますよぉ〜。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
事故の巻。(2)

前日に書いた続きです。

モモちゃんと2台連なって警察署から無事にマンションへ帰りついた2人。
モモちゃんの車両を、じっくりと確認する葉の茶。
そして一言。

相手の人の車は左後方がヘコんでたと思うけど、モモちゃんの車の方が意外と修理代は
高いかもね。。
表面的に2台を比べれば、相手の人の車両の方が凹みが見えた分、大きな事故のようにも
見えがちだけど、モモちゃんの車は外観だけ見るとナンバー部分が曲がって少しフロントに
こすりが出ているかなって程度だけど、よ〜く見てごらん。

そう言うとモモちゃんを側に来るように言って車体を指差しながら、こう言った。

ナンバーの曲がりは板金で戻るとして・・・
右側のライトあたりから相手車両がぶつかってきているから、ライトが少し内側に引っ込んで
いるみたいだ。
左右でライトの水平率にゆがみが出てると思うよ。
これは一旦、ライト部分の部品を外して左右が同じ位置になるように前に出さないとね。
あと、フロントスカート(バンパーの下部分のこと)の下のほうに少し割れが出ているから
ココは板金塗装してしまわなきゃね。
う〜ん。。。
やっぱ、相手の人の車よりもモモちゃんの修理代の方が10万以上20万円くらいは
しちゃうかもなぁ・・・


そんな結論を導き出したのだが、モモちゃんが寒いので早く家の中に入ろうと言うため
1人明智小五郎は打ち切りでした。。

部屋に戻ると日が暮れてきたベランダには、朝、モモちゃんが洗濯してくれた洗濯物が
干されていた。
モモちゃんは、いつもの生活通りをこなそうとしてくれたけど、精神的に疲れているだろうと
思って、葉の茶がやるからいいよ。
そこに座っておきなよ。

そんな言葉をかけたのでした。

いそいそと洗濯物を取り込む葉の茶とは対照的にモモちゃんは、どこかうつろな表情。
素早く部屋の中に取り込むと、モモちゃんの真正面に座って、ぎゅって抱きしめてあげた。

するとモモちゃん、安心したのか大粒の涙がポロポロと両目から溢れ出てきました 
そして、胸の内を泣きながら話し出しました。

すごく怖かったの。。
相手の人は何も言わなかったけれど、後から駆けつけた旦那さんが車から降りてくるなり
開口一番に『あ〜!最悪やん!!』
そう大きな声で叫んでた。
そして、『姉ちゃん、あんたの方が悪い。100%アンタが悪い事故や。』
そんな風に言われた。

それを聞いて葉の茶は、電話でしか事故を起こしたという事実だけしか聞いていなかった
ので、モモちゃんへきちんと、どんな状況で起きた事故だったのかを確認してみることにした。

モモちゃん、ココにその時の事故の状況を覚えている限りでいいから書いて説明して。

え〜っとね・・・
スポーツセンターから、いつもは寄り道せずにマッスグに帰るんだけど、葉のちゃんが
今日は帰りが遅くなるから先に寝てていいよって言ってたのを思い出して、家に
もうお茶がないからと思って生茶を買って帰ろうと思ったの。

で、スポーツセンターに近いスーパーへ寒かったから車で移動したのね。
で、お買い物終わって帰ろうと思ってココに停めていた場所から、一旦停止して右見て
左見て右折して出ていったんだけど、左を見た時に西日でまぶしくて少し目がくらんだ
のかも知れないんだ。

そこでもう一度右から車が来ていないことを確認して出て行けば良かったんだろうけど
右折した時にはいなかったはずなんだけど、目がくらんでいたこともあって、ほんの
少しの間に直進車両が迫ってきたみたいで、ぶつかる!と思ったら、直進車両の車が
私の車の前からガツンって音がして、車体が半分くらい通り過ぎたところで止まったの。

あぁ〜、そういう事故だったんだね。
モモちゃんは駐車場内から更に駐車場内に離合しようとしたのは分かった。
で、相手のおばちゃんが運転する車両がぶつかる前にモモちゃんの車は見えてたって
言ってた?
たぶん、見えてたんじゃないかなと思うんだけど。。
そうでないと、あ〜いうヘコミ方にはならないと思うし、まず事故が起きていないと
思うんだけどね・・


うん。
葉のちゃんが言うとおり、相手の人は私の車両が出てくるのは見えてたって言ってた。


やっぱり?!
なのに、なんで自分の車両を動かしたんだろ?
動かさずに、その場で停車してくれてたらモモちゃんの車とはぶつからずに、きちんと
離合できたはずなんだけどね。

相手の人は後続車があったから、渋滞を作ってはイケナイって思って、車を動かした
みたいだったよ。
そしたら右折してきた私の車とギリギリの辺りをこすりながらぶつかったような事故に
なっちゃったんだよね。

モモちゃん心配しなくてもいいよ。
安心して保険やさんに任せておけば、きっと悪いようにはならないから。

そういうと葉の茶小五郎(←何か?)は、推測を一気に話したのでした。

まず今の状況からすると、100%モモちゃんが悪いと言う事故ではないよ。
五分五分か、悪くて6対4でモモちゃんかもね。
その根拠はね、公道での事故ではないこと。
場所がスーパーの中の駐車場の一角で起きたことは、双方の確認さえきちんと
されていれば起きない事故だったということ。
そういう大枠の判断になると思うなぁ〜。
心配しなくても、そう悪い結果にはならないから、今日はもう疲れたでしょ?
洋服着替えて、夕飯も食べてサッサとお風呂入って寝なよ。


そういうと、葉の茶は夕飯の支度をしてモモちゃんが少し落ち着くのを待ったのでした。

その後、モモちゃんは時間とともに落ち着いてきたので、会社へ再び戻ることに。
モモちゃんからは、葉の茶へ対して気を遣った言葉がかけられました。
仕事の途中なのにごめんね。
私のことはもう自宅へ帰って落ち着いたから、もう葉のちゃん会社へ戻っていいよ。
本当に大切な仕事の途中なのに、ごめんね。

そんな言葉を頂きましたが、当たり前の行動だと思うし、もしその状況を聞いて何も
行動を起こさなかったら自分自身が後悔しそうだしね。
だから、数時間会社を抜けたけど、そして会議にももちろん半分以上は参加
できなかったけれど、でも全然、後悔してないんで良かったと思う。

自宅から会社へ向かう前にモモちゃんへは、こんなことを伝えました。

いずれモモちゃんが住所を移してしまって車を同じように運転する日が来ていたと
思うけど、遅かれ早かれ事故の可能性はあったと思うよ。
今回の事故が生まれて初めての事故で、不安だらけだと思うけど、神様が
モモちゃんに早めに大きな事故を起こす前に忠告してくれたんだと思うよ。
だから、これくらいの事故で済んだんだし良かったんだよ。

考えてごらんよ。
初めての事故で人身事故を起こす人だっているよ。
だけど、モモちゃんは現場検証立会いという意味で警察は来たかも知れないけど
警察沙汰になるような事故ではなかったし、軽い物損事故で済んで本当に
ラッキーだったんだから、神様に感謝だよ。
まぁ、明日は、保険やさんとの会話もあるだろうから大人しく1日家にいなよ。
少し落ち着いたらまたスポーツセンターに通ったらいいよ。

そんなことを話して、モモちゃんに  すると、ダッシュで会社へ戻ったのでした。

現在、モモちゃんの車は車両保険を使って無事に元通りになっています。
葉の茶小五郎先生(←気に入ってるんですけど。。笑)の推測通り修理代も
17万円でした。
相手との結果はまだ出てませんが、まぁ、大丈夫でしょう。

そういう訳で年末に向けてこれから車を運転される方は、交通量も増えてくる
時期になるので、十分事故だけには気をつけて下さいね。
葉の茶も気をつけて運転したいと思います。

| 日常。 | 23:55 | comments(3) | -
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | -
コメント
とりあえずももちゃんが無事で良かったです。
私も事故ってしかも車は廃車(私は無傷)になった経験があるので少しは気持ちはわかるかな。
結構精神的なショックが大きいですよね。
私の場合は保険やさんも知り合いだったし相手の方もいい人で、そこはすごく助かったのですが、大好きな車だったので相棒を失ったような喪失感がありました。

でも、葉の茶さん「会議を抜けて」ってさらっと書いてるけど、働いててそういうことするのって覚悟がいったと思うし、ももちゃんへの気遣いとか愛とか感じて改めてすごいなーと思いました。
そういう事故とかのストレスを一緒に分かち合ってくれる人がいるってももちゃんもすごく心強かったと思います。

葉の茶小五郎さんの活躍も期待してます☆
あまり活躍するような出来事があっては困る気もするけど。
| | 2009/12/11 8:09 PM |

あ。
名前が抜けてる。
↑まりえです。
ごめんなさい。
| まりえ | 2009/12/14 7:17 PM |

 ◆まりえさん

お返事が遅くなってごめんなさい(≧≦)
モモちゃんの車は復活して元気ですよ。
心も一時的には、ひどく落ち込んでいた時もあったけど、今は元気ですよ。
事故とは別なところで葉の茶が仕事で遅くなる日とかは、精神的に
不安になる日もあるようだけれど、まぁ、その生活にも徐々に慣れて
きつつあるといった所です。

まりえさんは、その後、どうなのかな?
九州とはいえ、だんだん寒くなってきたしお互いに身体には
気をつけましょうね♪
| 葉の茶 | 2009/12/19 3:48 PM |










New | ▲Top | Old
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Powered by SHINOBI.JP